ロールモデルがいない!? <br>これからの時代、目指すべき「女性リーダー」って?のイメージ画像
 

ミホさんとマユミさんがお届け!「お仕事お役立ちコラム」

ロールモデルがいない!?
これからの時代、目指すべき「女性リーダー」って?

2022.08.23

34歳企画職のミホさんと、隣の課の課長で42歳のマユミさん。同じ会社で働く仲良しの先輩後輩の2人が、女性のキャリアに関するあらゆるモヤモヤを語りながら解決策を探ります。

 

今回、ミホさんとマユミさんが語り合ったのは「これからの女性リーダー像」について。

 

管理職のマユミさんは、チームメンバーへ優しく接することを心掛けていましたが、ある日、上司から「もう少し厳しく接しても良いのではないか」と、さりげなく指摘を受けてしまいました。そんなマユミさん、女性リーダーとしてあるべき姿にモヤモヤ中!! 

ミホさん
ミホさん

34歳独身。明るく人懐っこい笑顔で、愛され上手。一方で、ややがさつな面もあり、不用意な一言で周囲をヒヤリとさせることも。営業職から企画職に移り、そろそろマネジメントを任されそう。親からは早く結婚するよう急かされているのも、モヤモヤのタネ。

マユミさん
マユミさん

42歳既婚。いつも落ち着いていて、気配り上手な優しい先輩……というのは表の顔で、実は些細なことで悩みがちな小心者。寝る前はその日の自分の言動を振り返ってモヤモヤするのが定番。現在はミホさんの隣の課の課長。小学生男子の子育て中。

女性リーダーのロールモデルは、仕事・育児・プライベートと、パーツごとに探すと良い。

ミホさん

ミホさん

……マユミさん、もしかしてモヤモヤ中ですか?

マユミさん

マユミさん

え、わかる? ちょっとへこむことがあってね。

ミホさん

ミホさん

私でよければ聞きますよ!! 役に立てるかはわからないですけど……。

マユミさん

マユミさん

ありがとう。実はね、部長に「チームメンバーにもう少し厳しく接したら?」って、やんわり指摘されてしまったの。

ミホさん

ミホさん

そんな! マユミさんが怖い上司になるのは、少し距離を感じてしまいます!

マユミさん

マユミさん

そこまで急には変われないけど、ここにきてこれからどんな女性リーダーを目指すべきか、悩んでしまって。ほら、うちの会社って私より上の世代の女性リーダーって数人しかいないし、その方々も私みたいに子育てしながら働いているんじゃなくて、仕事一筋で、ずっとフルタイムで働かれているし。「子どもを育てながらお弁当も手作りする余裕もあって、仕事もしっかりこなして、メンバーにも信頼されている」っていうロールモデルがいなくて、誰のことも私には真似できないというか……。

ミホさん

ミホさん

ロールモデルがいない問題ですよね。いま思い出したのですが、先日同期で飲んだ時に、男性社員が「将来あの部長みたいになりたいんだよな!」って、熱く語っていて。でもその部長は家庭を顧みず働き過ぎて、実は家族仲が悪いと有名な方だったんです。だからつい「え! だって、家族はいいの!?」って聞いてしまって。そしたら「いやいや『仕事の進め方』の話。家庭も大事にしたいし、父親としてのロールモデルは他にいる」と、大家族芸能人の名前を挙げてました。

マユミさん

マユミさん

ロールモデルが一人ではないってこと?

ミホさん

ミホさん

仕事術はこの人、育児はこの人、プライベートはこの人と、パーツごとに真似する人をわけてもいいものなんだ! と、、私も目から鱗でした。

マユミさん

マユミさん

なるほど。色んな人の良いところを真似して、「理想の女性リーダー像」を組み立てていけばいいのね。

「嫌われたくない」と部下に甘くなるのではなく、 部下の成長を第一に考えるべし

マユミさん

マユミさん

それでね、ミホさんだから聞くんだけど、やっぱり私って甘すぎるのかな?

ミホさん

ミホさん

そんなことはないと思いますよ! マユミさんは、ちゃんと部下を信頼して仕事を任せているじゃないですか。優しさと甘さは違うと思います。正直、全部の仕事を自分でやってしまう上司には、信頼されてないのかなと不安になりますし、「この上司の下にいても成長できない」とも思ってしまいます。

マユミさん

マユミさん

上司の立場からすると、グサッとくる意見! その甘さは、部下に「嫌われたくない」と思うあまり、手を差し伸べているつもりなのかもしれないね。

ミホさん

ミホさん

よほどのパワハラや、明らかに部下に無関心など、極端な上司ではない限り、苦手意識を持つことはないですけどね。

マユミさん

マユミさん

そうなんだよね。私も「嫌われたくない」と自分のことばかり考えるのではなくて、「部下をどう成長させるべきか」と気持ちの矢印を外側に向けることで、部下に仕事を任せられるようになれた節はあるかも。視野を広く持つというか。

ミホさん

ミホさん

「一緒に仕事をしたら、自分の成長のためになる」と思えるような上司が理想かもしれないです。しかも仕事だけではなくて、ランチや立ち話でも、ちょっとためになる話が聞けると一気に尊敬度が上がります。

マユミさん

マユミさん

ハードル高いな~(笑)。

ミホさん

ミホさん

だからマユミさんは大丈夫です! いつも私の相談に乗ってくれてるじゃないですか。

これからの女性リーダーは、 部下をサポートする「サーバントリーダーシップ」が必要!

ミホさん

ミホさん

マユミさんみたいに、話しやすい雰囲気づくりをしてくれる上司っていいですよね。

マユミさん

マユミさん

ありがとう。今の時代、トップダウン型のマネジメントよりも、部下の意見を柔軟に取り入れることが、仕事をする上で大切な気がする。働く人も多様化しているし、上司の意見が絶対なわけがないんだよね。部下の話を傾聴し共感して、どうすれば部下の役に立てるのかという視点が必要なのかも。

ミホさん

ミホさん

「サーバントリーダーシップ」ですよね。まず相手に奉仕して、その後にチームを先導するリーダーが、これからのリーダー像なのかもしれないですね。そういう意味では、人に寄り添うコミュニケーションが得意な女性は多い気がします。

マユミさん

マユミさん

そうだね。プライベートでも友達の相談に乗ったり相談したりする場面が男性より多いイメージはある。

ミホさん

ミホさん

私、上司には、自分の意思を積極的に伝えていきたいし、わがままかもしれないですが、そういう環境を作ってほしいなって思います。そしてできれば上司も情報を抱え込まないで共有してほしいです! その方が仕事のモチベーションも上がります。

マユミさん

マユミさん

そうだよね。まずは1on1などの機会を設けて、部下のビジョンを聞くことが大切かも。その上で今の会社の状況や、仕事の重要度を伝える。そうすると「なぜこの仕事が大切か」がわかって、積極的に動けるよね。私も上司から「もう少し厳しく」と言われたけど、なぜそれを今言われたのか真意がわからなくてモヤモヤしていたし……。

ミホさん

ミホさん

お互いがしっかり歩み寄れるコミュニケーションを取れるかが、これからの上司には大切なのかもしれないですね。

マユミさん

マユミさん

ミホさんが管理職になったらバッチリだね!

ミホさん

ミホさん

いやいや、まだまだ管理職になるのは不安もありますよ。

マユミさん

マユミさん

あ、でもミホさん。不安があるからってチャンスが来た時に「無理です」って言っちゃダメだよ。私、昔大きな仕事を任されそうな時に、まだ子どもが小さくて迷惑をかけてしまう気がして「私には出来ないです……」と言ってしまったばかりに「仕事へのやる気がない」と思われてしまったことがあるから。

ミホさん

ミホさん

それはもったいないです!

マユミさん

マユミさん

上司になればわかるんだけど、不安があるなら「この仕事をやりたいんだけど、こういう点が不安で……」と、きちんと説明してくれないと、伝わらないんだよね。

ミホさん

ミホさん

そうですよね。 言い訳に聞こえるかと思って、上司にはつい自分の状況や気持ちの説明を省いてしまいますが、それだとお互い誤解したままになってしまいますよね。

マユミさん

マユミさん

そういった意味でも、私も上司として、部下が話しやすい雰囲気づくりをこれからも意識していかないとだね!

ミホさん

ミホさん

マユミさんのマネジメント術、私のロールモデルにさせてください!

POINT

①完璧なロールモデルを求めず、パーツごとにモデルを探そう
②部下の成長を第一に考えられるリーダーでいよう
③まずは部下の話を傾聴し、部下の役に立つことを意識しよう

監修者:藤井佐和子氏

株式会社キャリエーラ代表取締役、キャリアアドバイザー/ダイバーシティコンサルタント。JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。2002年に(株)キャリエーラを立ち上げ、日経課長塾はじめ企業研修や講演、延べ17000人以上へのカウンセリング実績を持つ。